沖縄の企業がSNSで動画広告をかけるために

 

会社や商品のサービス、イベントのプロモーションなどにおいて、SNSでの宣伝は非常に費用対効果もよく様々な企業が注目しているプロモーション方法でもあります。

その中でも特に、反応を取りやすいコンテンツが動画のコンテンツです。

沖縄の企業に限らず、世界中の企業がSNSと動画を組み合わせてプロモーションを行うようになりました。

ですがまだ、沖縄県内の企業はあまりSNSで動画プロモーションを行なっているところは少ないようです。

新聞やテレビ、雑誌、googleなどではたくさん沖縄の企業の広告を見ますが、まだまだSNSの世界は活用しきれていないイメージです。

そこで今回は、沖縄の企業様がSNSと動画を組み合わせたプロモーションを行う際に気をつけるべきポイントについてお話ししていきます。

 

沖縄のターゲットを明確にしておく

SNS広告の大きすぎるメリットとして、地域や年齢層、興味関心を絞ってターゲティングできるというメリットがあります。

SNS広告をやるべき理由についての記事はこちらに詳しく書きました>>「沖縄の企業がSNS広告を行うべき理由」

動画のコンテンツでプロモーションを行う際のポイントは、「誰に訴求したいか」ということから逆算して動画コンテンツを作ることです。

特にユーザーはSNS上で多くの投稿を一気に見ているので、刺さるコンテンツを作らないとそもそも見てもらえない可能性があります。

広告を確実に自分のターゲット客に見てもらいたいなら、最初に自分のターゲットとなるお客さんの理想像を考え、その人にピンポイントに刺さる動画コンテンツを作らなければなりません。

 

沖縄の人が反応しそうな動画コンテンツを作る

沖縄県内に住む人に広告をかけるなら、そういった人たちが受け入れやすいコンテンツにする必要があります。

テレビのCMなどを見ると分かりますが、沖縄県民が共感したり受け入れやすいようなCMをよく見かけます。

例えば、沖縄の方言を使っていたり沖縄の地名を使っていたり沖縄の名字を使っていたり。

様々な工夫で沖縄の人に情報をキャッチしてもらう工夫をしていますが、SNSの広告においてもこれは変わりません。

どのようにすれば、沖縄の人が自分たちのコンテンツをキャッチしたくなるかを考えた動画構成にする必要があります。

 

 

ターゲットが使っていそうな媒体を考える

SNS広告といっても、Twitter・Instagram・Facebook・YouTubeなど、色んな媒体があります。

その中でも、あなたがターゲットにする沖縄の人がどの媒体をよく見ているのかを事前にチェックしなければなりません。

今や全ての媒体で動画の広告をかけることができますが(というか動画主流になりつつある)、自分が定めたターゲットがもっとも見ていそうな媒体でかけるのが効果的です。

例えば、Twitter・Instagram・Facebook、これらの媒体はそれぞれ使うユーザーの年齢や興味関心は異なります。

どういった人にアプローチしたいかによって使うものが変わってきますので、自分のターゲットはどの媒体をよく見ていそうかをあらかじめリサーチしておくようにしましょう。

 

広告課金のタイミングを定める

SNS広告では、どのタイミングで広告費が課金されるかを自分で選ぶことができます。

例えば、

・動画が3秒以上再生されたとき
・リンクがクリックされたとき
・エンゲージメントを獲得したとき
・フォロワーが増えたとき

など、目的によってどのタイミングで課金させるかが異なります。

ここで広告の目的とずれた設定をしてしまうと、思ったように広告効果が得られないとう場合もあります。

なのでより多くの効果を得るためにどのタイミングで課金されるかの設定はしっかりしておくようにしましょう。

 

 

沖縄で動画広告はかなり効果的

これは別の記事でも書きましたが、沖縄でのSNSを使った動画広告はかなり効果的だと考えられます。

なぜなら、まだまだ競合が少ないからです。

SNSを普段から触ってる方なら分かるかもしれませんが、広告のほとんどは県外の企業のものです。

ここで沖縄の方に問いかけるような広告を出せればかなりキャッチーな広告を出せるので、まだまだこれからチャンスが多くあるでしょう。

 

 

沖縄で格安で動画制作を依頼するなら

LEAD ONEでは、相場よりもかなり価格を下げて動画制作を致しております。

動画をもっと身近に使っていただけるよう、様々なプランもご用意しております。

PR動画を作りたい、イベントのダイジェスト動画を作りたい、動画を使って新しいプロモーションを行いたい

という方はぜひご相談ください。

動画制作の詳細はこちら