これからYouTube編集をするときに使うべき編集ソフト

youtubede

YouTubeを自社で制作するという会社も増えてきたこともあり、最近よくされる質問がこちら。

『編集ソフトは何を使えばいいですか?』

そしてもう1つ

『やっぱり有料のソフトを使った方がいいんですか?』

動画編集をはじめて行う人にとっては、そもそもどんなソフトを使ったらいいか分かりませんよね。

実際に僕も最初の段階ではそうでした。

今日の記事ではこの2つの質問についてお答えしていきたいと思います。

 

動画編集をするなら『有料ソフト』一択

『無料のソフトか有料のソフトか』

この質問をされたらまず、『有料のソフトを使ってください』といいます。

なぜなら無料には無料の、有料には有料の理由があるからです。

有料のソフトがやはり作業効率とクオリティが格段に変わってくるので、課金する価値は十分にあります。

有料とはいえ、今やサブスクリプションモデルで月額2000円ほどで使うことができます。数年前までは買い切りで10万円とかしたものが、月額2000円で使えるのはありがたい時代ですよね。

この2000円をケチって、無駄に作業時間をかけたりクオリティを下げたりすれば本末転倒です。

ですので、まず有料のソフトを使って欲しいというのがここでの結論。

そして次にどのソフトを使えばいいのか?という疑問について。

僕は2つのソフトをお勧めしています。

まず、最もオススメしているソフトがこちら

Adobe Premiere Pro

もちろん僕もこれを使っていますし、全世界の多くの動画クリエイターはこれを使っています。

あまり細かい説明をしても難しいと思うので、簡単にpremierをお勧めする理由を箇条書きで紹介します。

・自由度が高く様々な編集が可能
・チュートリアルが豊富
・金額もお手軽
・クリエイティブを追求できる
・たくさんの人がYouTubeでハウツー動画を出している
・アップデートが盛ん
・AIの性能が良い

などなど。細かいことをあげればたくさんあるのですが、

とにかく自由にクリエイティブなコンテンツが制作可能です。

そして操作を覚えてれば作業効率を格段にあげることもできる。

さらにチュートリアルやYouTubeでのハウツー動画も多いので、編集方法などの学習環境が整っている。

といったところです。

(念のために言っておきますがPR案件ではありません)

 

Final Cut Pro

そして次にオススメするのがAppleが出しているFinal Cut Pro。

こちらは買い切りなので、一度購入すれば月額課金なしで利用することが可能です。

こちらのいいところは分かりやすい操作性にあります。

premiereに比べると、初心者でも使いやすいのが特徴です。

『大きなこだわりはなく、そこそこのクオリティの動画をさくっと作りたい』という感じであればこちらでもいいかもしれません。

無料トライアル期間もあるので、購入するかどうか迷う方は無料トライアルで試してみるものいかがでしょうか。

そのほかにも色んなソフトがあるようですが、圧倒的にオススメするのはこちらの2つです。

この機会に、これからしっかりと動画編集のスキルを高めていきたいならまずはpremiereを使ってみることをお勧めしています。

最終的には何を重要視するかです。

僕が聞かれた場合はこれらをお勧めしてますよ、という話を今日は書かせていただきました。

 

 

Share on facebook
Facebook
Share on google
Google+
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest