YouTubeマーケティングを成功に導く3H戦略

YouTube Marketing Magazine

YouTubeマーケティングのハウツーや、最新のYouTube動向などをメルマガで配信中(登録は無料です)

 

今回は、「YouTube運営を成功させる3Hのフレームワーク」について解説します。

YouTube運営のコアとなる話になってきますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです

 

【この記事が参考になる人】

・YouTubeを伸ばしていきたい人
・これからYouTubeに取り組もうとしている人
・YouTubeの企画を考えてる人

 

YouTubeマーケティングを成功させる「3H戦略」とは?

今回解説する「3H」とは、2014年にGoogleが提唱したマーケティング戦略で、次の3つがあります。

 

・Heroコンテンツ:認知を広げて視聴者を一気に集めるコンテンツ

・Hubコンテンツ:個人や企業の「色」を出し、共感を集めるコンテンツ

・Helpコンテンツ:視聴者の疑問に直接応えて、関係性を深めるコンテンツ

 

この「3H」を意識することで、自分のチャンネルにお客さんを集め、お客さんとの関係を築きながら、長期的に運営するチャンネルを作ることができます。

YouTubeチャンネルのコンテンツを企画する際は、この3つのHをバランスよく意識して作ることでチャンネルが伸びていきます。

では、3つのHについて具体的に見ていきましょう。

 

 

Heroコンテンツについて

 

Heroコンテンツは、視聴者を一気に集めるためのコンテンツです。

たくさんのインプレッションを獲得して、ここでチャンネルの認知を広めていきます。

YouTubeやTwitterでバズる動画はヒーローコンテンツにあたります。

SNSやYouTube上で一気に拡散されることによって、自分のチャンネルを知ってもらうことが目的となります。

ターゲットを絞り込みすぎず、広くいろいろな人に知ってもらうのがこのコンテンツの特徴です。

ただし、Heroコンテンツは費用と時間がかかることが多いので計画的に作る必要があります。

そのため、量産するのも難しいコンテンツになってます。

 

【Heroコンテンツの特徴】

内容:YouTubeやTwitterで勢いよく伸びて、拡散される動画

視聴者:ターゲットを絞らず、広くいろいろな人に見てもらう

役割:動画を見てもらうことで、自分のチャンネルの認知を広げる

 

 

Hubコンテンツについて

 

Hubとは、「集約される、中心に集まる」ことを意味しています。

Hubコンテンツでは、「自分や企業のコアに触れる動画」を制作します。

個人や企業の持つ世界観や価値観を発信し、それに共感する人を集めるためのコンテンツです。

メインのターゲットや市場の人が「この人の発信好きだな」「この会社の発信好きだな」と思ってもらえるような動画を作ります。

大事なことは、自分たちのチャンネルの「ブランド」や「色」を統一することです。

伸びているチャンネルには、動画の「統一感」があります。

例えば、YouTuberだったらYouTuberっぽい動画編集の仕方をして、統一感を出しています。

Hubコンテンツでは、自分の会社や個人の色をがんがん打ち出し、それに共感する人を集めてファンを獲得していきます。

 

【Hubコンテンツの特徴】

内容:発信する人の「色」を強く出した動画

視聴者:メインのターゲットや市場の人 

役割:発信する側の価値観を打ち出し、共感してくれる人を集める

 

Helpコンテンツについて

 

Helpコンテンツとは、「ユーザーや視聴者の疑問やニーズを直接解決するためのコンテンツ」です。

例えば、自社商品のユーザーや視聴者の悩みに回答したり、Q&A形式でコメントを拾って回答したりする動画がHelpコンテンツになります。

Hubコンテンツをよく見てくれているファンや、商品・サービスを知っている人との関係をさらに深く、濃くしていくようなコンテンツになります。

 

【Helpコンテンツの特徴】

内容:ユーザーの疑問や悩みを直接回答する動画 

視聴者:すでに自分のことを知ってくれている人

役割:ファンとのつながりを深めることで、継続的な関係性を維持していく

 

 

バランスを意識することがポイント

 

YouTubeマーケティングを成功に導くためには、3つのHを意識することが大切です。

・視聴者を集めるためのHeroコンテンツ

・個人や企業のコアな部分を発信していくHubコンテンツ

・ファンとのつながりをより深めるHelpコンテンツ

この3つのうち、どれかに偏ってしまうと、チャンネルが伸びません。

 

例えば、

・Heroコンテンツだけでは、伝えたい世界観が伝わりづらいです。

・Hubコンテンツだけでは、チャンネルの認知がなかなか広まりません。

・Helpコンテンツだけでは、かなり絞られた人向けのチャンネルになってしまいます。

 

YouTubeチャンネルで視聴者やファンを増やすには、Heroコンテンツで認知を広げ、Hubコンテンツで共感してもらい、Helpコンテンツで関係性をより深めていく、という一連の流れが必要となります。

YouTubeチャンネルを作っていくには、このコンテンツのバランスを意識しながら、動画を企画し、チャンネル運営することを意識してみてください。

ということで今回は、「YouTubeマーケティングを成功に導く3H戦略」について解説しました。

今後も、YouTubeマーケティングのハウツーを紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn

YouTube Marketing Magazine

YouTubeマーケティングのハウツーや、最新のYouTube動向などをメルマガで配信中(登録は無料です)